「本を書く医師」が医学情報をわかりやすく伝えます



 なぜ、健康法は「効かない」のか?へのリンク
健康法に目を向けるより 体の声に耳を澄ませたい


 血圧を最速で下げるへのリンク
高血圧=減塩はもう古い 血管力で若さよみがえる


 日本人の病気と食の歴史へのリンク
健康長寿を目指し続けた 日本人1万年の集合知


 胃腸を最速で強くするへのリンク
めくるめく消化管の世界 胃腸を知って健康に!


 長寿の習慣へのリンク
健康長寿は自分で作る  百活は「4つの習慣」から


 内臓脂肪を最速で落とすへのリンク
おなかの脂肪は落とせる!結果の出る減量法


 日本人の健康法へのリンク
もう騙されない!    健康情報の見分けかた


 日本人の体質へのリンク
Amazon本総合1位!  日本人のための健康法は



本を書く医師 Top『なぜ、健康法は「効かない」のか?』



   『なぜ、健康法は「効かない」のか?』


 私にとって初の文庫本『なぜ、健康法は「効かない」のか?』(だいわ文庫 2020/10/10)は、2018年刊行の『日本人の健康法』(大和書房)に大幅に加筆修正したものです。

      

 簡単に実施できて、それでいて確実に効果が見込める健康法はないものか。これは古代から人類共通の夢でした。21世紀のこんにち、世界中で新型コロナウイルス感染症が吹き荒れるなか、テレビや雑誌、新聞、インターネットに健康情報があふれているのもその例です。

 ところが、どれも今一つ効かないのです。健康になれるはずの健康法は、なぜ「効かない」のでしょうか。私たちは何を、どう間違えているのでしょうか?

 情報化社会において流れる大量の情報は、実際にはかなりの部分が根拠のない「推測」であり、都合のよい「解釈」であり、そこに「宣伝」と悪質な「デマ」が交じっています。

 本書は50種類以上の健康法と、健康に良いとされる食品を取り上げて、一人一人が怪しい健康情報を見抜き、自分と大切な人を守るための方法を明確に、具体的にお示ししました。コロナ禍が浮き彫りにした「健康法のウソ」も新たに盛り込んでいます。

「医学知識がなくても健康情報の正しさって判断できるものなの?」

 ご心配なく。本書が紹介する「5つの原則」さえ押さえておけば、あとは子どもにもわかる理屈ばかりです。決まった食品を食べないと病気になるほど人間はヤワな生きものでしょうか? ネズミのための健康法は人にも有効でしょうか? その成分をどれだけ取ったら健康になれるのでしょうか? 夢のような効果を持つ食品が薬になっていないのはなぜでしょうか?

 本書を読み終えるころには、怪しい健康情報を見るとすぐピンとくるようになるだけでなく、本当の健康はどこにあるのかが、はっきり見えてくるはずです。

              「本を書く医師」Topへ