医師兼医学翻訳者が医学/医療分野の身近な話題を分かりやすく解説するオリジナルコラムです。

医学コラム目次へのリンク

安全な医療へのリンク

漢方薬へのリンク

ブログ目次へのリンク





 健康診断B判定へのリンク
見逃されがちなB判定、実はここが分かれ道!


 医学翻訳の基礎へのリンク


 解剖アトラスへのリンク





翻訳実績へのリンク

医学情報のキーウィ:HOMEへのどのつかえが気になります




のどのつかえが気になります


 首は体の中でも細い部分です。ここに、生命維持に欠かせない大切な器官が無数に存在しています。食道、気管、脳へ行く大きな血管、太い神経、脊椎 (背骨) に加え、頭を支える筋肉や、ホルモンを産生する甲状腺もあり、まさに過密地帯です。

 そのため、のどは元々敏感で、これらの器官のどれかが腫れたり、ポリープや固まりができたり、神経や筋肉の障害が起きたりすれば多彩な症状が起こります。

 正確に診断するには詳しい検査が欠かせません。しかし、のどがつかえる、何か引っかかっている感じがする、違和感や異物感がある、呼吸がしにくいなどの症状があるのに、十分検査をしても異常が見つからないことがよくあります。これを咽喉頭異常感症 (いんこうとういじょうかんしょう) と呼び、最近増えているようです。
        
 主な原因の一つは自律神経障害で、ストレスや焦り、不安が重なった結果、身体症状として 「のどのつかえ」 を感じるというものです。これを 「ヒステリー球」 と呼ぶことがありますが、一般的にいうヒステリーとは違うので混同しないでください。

 東洋医学では、喉に梅干の種がつかえている感じがするという意味で 「梅核気 (ばいかくき)」 と呼び、ストレスにより気の流れが悪くなった状態と考えています。古代にもこの症状に悩む人がいたのですね。

 このように、検査をしても異常がない場合の特徴は、食事の際には症状が消えて、何も気にせず食べられることです。

 もう1つ、よくある原因が胃腸障害です。胃酸の逆流やアレルギーが関係するものが多く、典型的な例だと空腹時はあまり症状がないのに、食事をして20~30分すると、のどの奥がつまる感じがします。ただ、胃腸障害の程度が軽いと胃のもたれなどの不快感がなく、食事との因果関係に気づかないことがあります。

 この他には、肩こりも 「のどのつかえる感じ」 を引き起こします。なお、婦人科の先生によると、更年期症状で 「のどがつかえる感じ」 が起きることはあまりないそうです。
            
 治療は原因によって異なり、自律神経障害と考えられる場合には、ストレスをやわらげるための抗不安薬と、自律神経調整薬を使います。服用すると数日で症状が改善することも珍しくありません。また、半夏厚朴湯 (はんげこうぼくとう) という漢方薬もあります。

 ただし、この半夏厚朴湯は、効く場合には約2週間で効果が現れます。もし服用を続けても効果が感じられなければ服用をやめ、病院で検査を受けてください。検査も受けずにストレスのせいと決めつけるのは危険です。




関連コラム
心臓の痛み、ほっといていいの?
風邪のあと、咳だけ続いています


                     


       医師兼医学翻訳者によるオリジナル記事を掲載しています。
               「医学情報のキーウィ」HOMEへ