本を書く医師キーウィが医学情報をわかりやすく伝えます

医学コラム目次へのリンク

安全な医療へのリンク

漢方薬へのリンク

ブログ目次へのリンク





 日本人の体質へのリンク
Amazon本総合1位!  日本人のための健康法は


 健康診断B判定へのリンク
「経過観察」を見逃すな、実はここが分かれ道!


 解剖アトラスへのリンク



翻訳実績へのリンク

本を書く医師キーウィTop患者安全学入門 目次


   

      Copyright (C) 2011 医学論文翻訳のキーウィ All Rights Reserved.


                  はじめに

 医学の進歩により病気を治療できる可能性が飛躍的に高まりました。しかしその一方で医療システムが巨大化し複雑化したために、患者さんを救うための医療が逆に害を与える危険性が増したのも事実です。

 医療事故の問題は長年にわたって社会的なタブーとされ、事故は闇から闇に葬られるのが常でした。そのため失敗を招いた根本原因の解明や、具体的な再発予防策の策定はほとんど行われず、その中で患者さんやご家族は言うまでもなく、医療従事者もまた深く傷つき苦しんできたのです。

 1990年代に入ってからようやく、他の産業で発達したリスクマネジメントや危機管理を土台にして、医学領域でも医療の安全を科学的な見地から確保し、推進し、改善しようという新しい学問が生まれました。これが患者安全学です。

 患者安全学においては患者さんは単に守るべき対象であるだけでなく、医療を安全にする上で大きな役割を担う存在と考えます。その意味で患者安全学の基本がわかれば、自分自身や家族の安全を守るとともに医療全体の安全にも貢献できることになります。
 
 
              


  [目次]

 ・患者安全学 1-リスクマネジメントと危機管理
 ・
患者安全学 2-絶対安全はありえない
 ・
患者安全学 3-犯人探しの罠

 ・患者安全学 4-チーズの穴が事故を生む
 ・
患者安全学 5-患者さんにしかできないこと
 ・
患者安全学 6-甘えは禁物

 ・
患者安全学 7-患者安全の鍵、それはコミュニケーション」


  [翻訳書]

 患者安全を真正面から取り上げたノンフィクション 『ジョージィの物語』。
  

  関連記事
 ・
X線写真の表と裏 ~間違えるのが人間~
 ・
本当の優しさとは
 ・
日本の医療は変わらない?

       医師兼著者、医学翻訳者によるオリジナル記事を掲載しています。
              本を書く医師キーウィTopへ